60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

8月23日(日)マツダR&Dセンター横浜(MRY)にて「NCEC Roadster 10th Anniversary Meeting(主催:NCEC Roadster CLUB 10th Anniversary Meeting実行委員会)」が開催され、NCロードスター60台、総勢80名のNCオーナー・NCファンの方がMRYに集結。
首都圏のみならず、北海道や石川県、和歌山など遠方からもファンが駆けつけました!

画像1: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

午前10時、実行委員会の出来利弘さんの開催宣言でイベントがスタート!

画像2: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

このイベントを開催するにあたっての経緯や想いは、出来さんのブログでも語られています。

参加いただいたNCファンのみなさん、ゲストのみなさん、場所をご提供いただいたマツダさんはじめ、この場にいらしたみなさんに感謝いたします。本当にありがとうございました。
3代目となるNCロードスターが8月25日で発売から10年を迎えるということで元NCオーナーでもある私にも何かイベントないかと思い、「NC10周年をお祝いするミーティングとかあったらいいね」という些細な一言にみんカラの『なんとか自動車倶楽部』のゆうりょうかずやさん、みャアさん、『NC ROADSTER』コミュニティのこてつさんの協力を得て、共同で企画、運営することで先日、無事ミーティングを開催することが出来ました。

そして、ゲストお二人の登場です。NC開発主査である貴島孝雄さん(現山口東京理科大教授)と、NCチーフデザイナーの中牟田泰さんのご挨拶です。

画像: 左から、出来さん・貴島さん・中牟田さん。

左から、出来さん・貴島さん・中牟田さん。

続いて、貴島さんと中牟田さんを交えてオーナー・ファンとの交流の時間へ。
皆さんNCロードスターへの想いや自慢の愛車の魅力を貴島さん、中牟田さんに熱く語っていました。愛車へサインを書いてもらうNCファンも続出です。ゲストのお二人、マツダスタッフの皆さんは、熱心なNCロードスターファンの存在と熱い想いに感激されていました。

画像3: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

画像4: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

石川県から参加された、矢田さんは「軽井沢や中部ミーティングは参加していましたが、MRYは初訪問なので感激です」と語ってくれました。

画像5: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

画像6: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

画像: NCロードスターの名チューナー、NOPROの野上さんも。

NCロードスターの名チューナー、NOPROの野上さんも。

画像7: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

続いて、貴島さんのトークショーへ。クルマとは何か、マツダについて、マツダの「人馬一体」、NCロードスターについて講話がありました。貴島さんは講話の中で「クルマはつい最近まで、移動手段として効率性の追求に重きがおかれましたが、人類が馬に乗り始めた約7,000年前から歴史を振り返ると、 ”人馬一体” ”操る楽しさ” この事が、現代の車づくりには求められることであり、人類の本質的な欲求への回帰ともいえるのです」と、語られていました。

画像8: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

昼食をはさみ、午後からは中牟田さんのトークショーです。内容は参加された皆さんだけの特権ということで、ここでは非公開です。ファンミーティングの特権ですね!

画像9: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

そしてNC10周年記念のタペストリーに、お祝いメッセージを全員で寄せ書きです。

画像10: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

画像11: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

画像12: 60台のNCECロードスターがマツダR&Dに集結!

最後はオーナー同士の交流や写真撮影も楽しみ、全員で記念撮影をしてイベントは終了しました。NCロードスターを愛するファンと開発者が一堂に会するファンミーティング。皆さんの笑顔が溢れるイベントでした。


This article is a sponsored article by
''.