MAZDA FAN SITE 2016年 第1弾のレポートは、NBロードスターミーティングです!

1月10日(日)マツダR&Dセンター横浜にて、NBロードスターのファンミーティング「NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」(主催:NB Roadster Meeting 実行委員会)が開催されました。

画像1: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」

この日の横浜市の最低気温は、気象庁の発表で4℃。MZRacing取材班の車載外気温計は2℃と、とても寒い朝でしたが、参加者の半分以上がオープンで会場入り!さすがです。集まった皆さんはミーティングスタート前から新年の挨拶を交わし、早くもNBロードスター談義に花を咲かせます。

画像2: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」

画像3: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」

午前10時。主催のNB Roadster Meeting 実行委員会 出来さんをはじめ、実行委員の方々から挨拶がありミーティングがスタート!この日、50台の参加目標に対し、61台・85名のNBファンが集合。北は秋田県から西は広島県と、NBのほぼ全カラーと全てのシリーズが集まるという盛況ぶりでした。

画像4: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」


まずは記念写真を撮影♬ メインゲストの貴島孝雄さん(元NBロードスター開発主査、現山口東京理科大教授)は、朝一の新幹線で広島から横浜へ向かっている最中。貴島さんを待つ間も、参加者同士で盛り上がります。

画像5: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」

画像6: イベントレポ:NB Roadster Meeting 〜 NBも頑張ろう! 〜 in マツダR&D横浜」

ここで数名の方にインタビュー!

1999年に限定発売された「10周年記念車」を所有する仲野さん。日本国内販売台数は500台限定の貴重なモデルです。自慢はシリアルナンバーが2桁台である点!大事に長く乗りたいと語ってくれました。

画像1: ここで数名の方にインタビュー!

画像2: ここで数名の方にインタビュー!

広島県から参加の吉岡さん。「恋人と車は天秤にかけられない。車をとった」と書かれた色紙が…これは声をかけずにはいられません!笑
夜勤明けに広島を出て、静岡で1泊していらしたそうです。「夜勤明けというと、お仕事は?」と伺うと「実はマツダのエンジン工場が職場なんです」とのお返事が!NBへの情熱はもちろん、クルマへの情熱と熱いマツダスピリットを感じ、マツダファンとしてとても頼もしく感じました。

画像3: ここで数名の方にインタビュー!

画像4: ここで数名の方にインタビュー!

歴代ロードスターの中でも希少な「ロードスター ターボ」の限定車を所有する杉本さん。NCに5年乗ってからの乗り換えだそうです。

画像5: ここで数名の方にインタビュー!

NBを心から愛する小林さん。14年クリスタルブルーメタリックからの乗り換え。小林さんは「ロードスター 軽井沢ミーティング」の実行委員で、毎年参加されているそうです。

画像6: ここで数名の方にインタビュー!

チタニウムグレーメタリックのNB4型の菊池さんは、マツ耐参加経験もあるスポーツドライビング派。

画像7: ここで数名の方にインタビュー!

そして貴島さんが到着!ここで場所をAVルームに移します。まず、MRYの岡さんからご挨拶。

画像8: ここで数名の方にインタビュー!

続いてメインゲストの貴島さんのご挨拶です。

画像9: ここで数名の方にインタビュー!

貴島さんはイベント前日の1月9日が67歳のお誕生日、NBロードスターは1月8日生まれということで、2つのケーキが用意されお祝いです! 2年前に脳梗塞に倒れた際、最悪の事態を覚悟したという貴島さん。今日こうして1月8日生まれのNBロードスターと、ご自身の誕生日をファンのみなさんに祝ってもらえて、これ以上の幸せはないと語ってくれました。

画像10: ここで数名の方にインタビュー!

開催協力「Roadster Club of Japan(RCOJ)」の水落さんからは、サブタイトルの「NBも頑張ろう~!」について説明がありました。どの世代のロードスターも垣根なく、NAもNBもNCもNDも頑張ろう!という意味だそうです。

画像11: ここで数名の方にインタビュー!

また、とても残念なお知らせがありました。マツダのスポーツカーのデザイン開発で重要な役割を果たし、NBのチーフデザイナーであった林 浩一さんが、昨年2月に病気のためお亡くなりになったということでした。初代から4代目のNDまで、全世代のデザインに携わった唯一の方です。この日は写真参加で「NB Roadster Meeting」を一緒に見守ってくださいました。

画像12: ここで数名の方にインタビュー!

ここでランチタイムです。贅沢な崎陽軒の「横浜中華弁当」でした♬ 実行委員会の方が、横浜らしいお弁当を選んでくださったそうです。午後はいよいよ貴島さんのトークショーです。

テーマは「人馬一体の世界、集う、しあわせ」と「NBロードスターの開発の思い」でした。NBファンの皆さんにだからこそ語れるロードスターやクルマに関する深いお話し、今だから語れる開発秘話など、大変貴重な内容でした。

画像13: ここで数名の方にインタビュー!

質疑応答の時間も設けられ、「10周年記念車」開発の思いや、ターボ仕様発売に至った経緯など、皆さんからの質問に一つひとつ丁寧に答える貴島さん。NBファンと活発な意見交換が行われました。

画像14: ここで数名の方にインタビュー!

画像15: ここで数名の方にインタビュー!

続いてじゃんけん大会です!賞品はマツダ、RCOJ、そしてMZRacingからも提供させていただきました。最後に貴島さんへ参加者皆さんから寄せ書き色紙の贈呈と、バースデーケーキが配られ、終始笑顔のたえない和やかな雰囲気でイベントは終了しました。

画像16: ここで数名の方にインタビュー!

画像17: ここで数名の方にインタビュー!

主催者・参加者の皆さま、取材にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

画像18: ここで数名の方にインタビュー!

貴重な開発秘話など、ミーティングに参加された方だけが聞ける特権です✨
ぜひ、ご興味のある方は今後のイベントもMAZDA FAN SITEでチェックしてくださいね!

実行委員会の出来さんによるレポートもぜひご覧ください。
出来さんはレポートでこのように書いていますよ。

「また20周年やりましょうね⭐️」

This article is a sponsored article by
''.