2018年4月14日(土)、15日(日)に、毎年恒例マツダファン東北ミーティングが、宮城県スポーツランドSUGOにてて開催されます。
今年も様々なコンテンツが用意されていますので、ご紹介いたします。

Be aDriver Experienceエリア

画像: 砂型鋳造の説明をするマツダのスタッフ

砂型鋳造の説明をするマツダのスタッフ

株式会社マツダが主催となり、エンジン、ミッション、車体、車両を製造する生産技術を展示するモノ造り展示や、金型磨きの体験、お子様たちがマツダの整備士とおなじツナギを着て、タイヤ点検やブレーキ点検を体験出来るキッズ整備体験などのコーナーがあります。
他、マツダCX-8アクティブスタイル展示、人馬一体試乗体験、先進安全装備同乗体験等も用意されています。

マツダ787B、767B、レジェンドマシンデモラン

画像: ピット前で出走を控えた787B202号車

ピット前で出走を控えた787B202号車

ル・マンで優勝した55号車がミュージアム入りをすることになり、1991年7月以降の全日本スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC)に出場するため組み上げられたマシンがマツダ787B 202号車。
55号車との違いは、色が反転されたチャージカラー、前後軽量カウル、ヘッドライトの有無(ただし、小型ヘッドライトは装着しています)になります。
このマシンが、ミスタール・マンこと寺田陽次郎さんドライブで本コースを走ります。
R26B4ローターエンジンの官能的な甲高い音を菅生の森に響き渡らせながらアクセル全開でホームストレートを疾走する姿は、何度見ても変わらぬ感動を与えてくれます。

他、さまざまなコンテンツが用意されている、マツダファンなら一度は行きたいと思うマツダファン東北ミーティング、皆さんお誘いあわせの上遊びに行きませんか?
前売観戦券:2,500円(土日通し/パドックフリー) 取扱い:ローソンチケット(Lコード:21500)
当日観戦券:3,000円(土日通し/パドックフリー)
駐車料金:1,000円(二輪四輪共通/当日販売のみ)

詳しくは以下HPまで。

This article is a sponsored article by
''.