ベリーサを駆る平田(☆おーじ★)さんから、マツダファン東北ミーティングと併催される「マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)」への出場レポートが寄稿されました。

お楽しみのパレードランが予定されていた日曜日に来場された方が多かったと思いますが、私はベリーサでタイムアタック競技のマツダファン・サーキットトライアル(MFCT)にエントリーしていたため初日の土曜日がメインでした。SUGOでのMFCTは3年ぶり3度目の挑戦です。

画像1: マツダファンサーキットトライアル出場レポート

大会数日前より雨予報が続いていましたが、幸運にも当日は降雨のタイミングが夜にずれたためドライコンディションで思いきり走ることができました。他の大会で何度も熱が入っている摩耗した2年落ちのタイヤで挑みましたが、継続してきた車両の軽量化と、他の参加者の方々とのコミュニケーションで得られた"気づき”のおかげで自己ベストタイムを0.4秒更新できたのです。MFCTへの参加は、ドライビングスキル向上や参加者同士で交流できること、そしてそこで得られた知識やアドバイスをスキルアップに繋げられることなど、たくさんのメリットがあります。

画像2: マツダファンサーキットトライアル出場レポート

日曜日は午前のA.M.O.Aパレードランに参加させていただきました。今回、畏れ多くもパレード後半に先頭で隊列をけん引する役を仰せつかり、やや緊張感のあるパレードランとなりました。この2日間の経験でまたひと回り、成長できた気がします。全国のマツダファン(特にベリーサオーナー)の皆さん、来年も奮ってご参加くださいね!

寄稿:平田(☆おーじ★)さん

This article is a sponsored article by
''.