画像: 愛車紹介! 藤枝 雅美さん

7月7日のRX-7 40周年記念イベントに参加されていた藤枝さん。ご夫婦での参加でした。
1988年に前期型FC3Sを購入されてからずっと維持されているそうです。
改造点は主にマフラー、マツダスピードのばねのみで、信頼性が下がるほどのチューニングはしていません。今はエンジンの調子が少し悪く、アイドリングを直したいとの事。
このクルマ、実は購入したときのエンジンではなく、買ってから3年目にエンジン交換をしているそうで、それからも1度オーバーホールも経験済み。それでもずっと乗り続けているのは、やはりこの形のRX-7に惚れ込んでいるからでしょう。
樹脂パーツも少なくなっているのでパーツが手に入りにくくなっていますが、体が動く限りは乗り続けたいと、愛情あふれるコメントを頂きました。
仲睦まじいご夫婦で、充実したカーライフを送っているお手本だと思います!

This article is a sponsored article by
''.