晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

画像1: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

5月26日から27日、恒例のロードスター軽井沢ミーティングの27回目が開催されました。
会場となる軽井沢スキー場駐車場のキャパシティから参加台数は1080台に限定されてしまうため、参加は抽選となってしまうようですが、単一車種によるミーティングでは世界最大規模の参加台数となる同ミーティング。実行委員会メンバーの知恵とたゆまぬ努力によって、来場されたロードスター仲間は全員が笑顔で素敵でした。

入場開始時間と同時に会場入り口にはロードスターだけの長い車列が続きますが、スタッフの適確な誘導と迅速な対応で参加車はスムースに、しっかりと所定位置に駐車することができます。駐車誘導に限らず、長年の経験に裏付けされたしっかりとした運営には毎年感心しきりです。

画像2: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像3: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

ほぼ全車が定位置に駐車されると、1年ぶりに合う仲間や馴染みのメンバーらとのコミュニケーションが始まり、それぞれの近況報告がひと段落したところで開会式が始まります。司会の浜島さんの軽快でノリのよい進行でマツダスタッフの紹介や、実行委員長の挨拶など一通りのメニューが終わるといよいよミーティングオープン。ショップストリート前の規制線が撤去されると、各ショップの前はあっという間に黒山の人だかり、普段はなかなか現物が見られないショップオリジナルパーツやお目当てのグッズなどが一同に揃う年に1度のこの機会を有効に活用されているようです。

画像4: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像5: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像6: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

そして軽井沢名物となったペダルカーレースにもたくさんの子供たちが参加。ペダルを漕ぐ子供たちよりお父さんの方が熱くなっている親子も多いようです。ちなみにこのペダルカーレースで優勝した子供たちが成長し、今やその運営スタッフとしてかかわっている方もいるとか。ここでも歴史を感じますね。続いてステージではトークショーの第1部。ここではNDの開発主査であった中山雅さんが退き、新たに齋藤茂樹さんの就任が発表されました。斉藤主査は「まだ就任から5日なのでこれからです。手始めにこのミーティングのスタッフから始めました。朝、第一駐車場入り口で案内版を持って皆さんを誘導しました。皆さん笑顔で手を振ってくれるので、この笑顔は絶やしてはいけないと肌で感じました。実は引退後は佐久に引っ越すことが決まっています。この会場に近いロケーションですから、このミーティングにはファンとして参加続けます」との第一声でした。

画像7: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像8: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像: 誘導係を行うロードスター開発主査 齋藤茂樹さん

誘導係を行うロードスター開発主査 齋藤茂樹さん

続いての集合写真はスキーセンターの屋上からの撮影。外階段から屋上へと上がるのは垂直のハシゴ。重い撮影機材を抱えてここを昇り降りするのは至難の業。特にMZRacingが撮影を依頼したカメラマンは女性。頑張ってハシゴを昇って撮影してくれました。ありがとういございます。

画像9: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

トークショー第2部は2代目ロードスターの開発主査であった貴島孝雄さんと元マツダデザイン本部長の福田成徳さんによる、初代の誕生秘話と2代目に関わる裏話などを披露、その後、山本修宏ロードスターアンバサダーとカスタマーサービス本部のスタッフらによるNAレストアプロジェクトや部品復刻ヘの取り組みなど興味深い内容が展開されました。

画像10: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催
画像11: 晴天の中、27回目となる軽井沢ミーティングが開催

最後にチャリティオークションと抽選会、そして閉会式と楽しい1日はあっという間に終わり、また来年の再会を約束して皆さん帰路につきました。

参加者インタビュー

岡谷市からお越しの内山さん
「軽井沢ミーティングは初めての参加です。ロードスターがこんなに多くでびっくりしています。イベントは本当に楽しめました。実はこれまで昨年富士で開催されたBe a driver experienceに参加しただけなのでまだイベント慣れしていないですが、これからミーティングに積極的に参加してみようと思います。クルマはNAの1.6で、購入してからまだ1年と2カ月、これからもっともっと楽しみたいです。嫌いなところ?ありません。すべてお気にいりです。ロードスターのおかげで友達も増えたし、ロードスターライフをエンジョイしていきます」

画像: 右が内山さん、お友達の酒井さんと山田さん ロードスターはピッカピカでした

右が内山さん、お友達の酒井さんと山田さん ロードスターはピッカピカでした

深谷市からお越しの平田さん
「軽井沢は初めてです。想像以上の台数と規模に圧倒されました。ここでしか買えないブツが並ぶショップ回りも楽しかったですが、個人販売している方がとても多くて、目移りしちゃって困りました。予算オーバーで友達から借金して買っちゃった商品もあるんです。当選してほんとうによかったです。このロードスターでたまにサーキットを走るのが楽しみです。でも気張らずにスニーカー感覚で走れることも大きな魅力ですね。ナンバーの787とゼッケンの55もお気に入りです」

画像: 右が平田さん 左が借金をお願いしたお友達の野邊さん

右が平田さん 左が借金をお願いしたお友達の野邊さん

This article is a sponsored article by
''.